So-net無料ブログ作成
1分間の授業 ブログトップ

30秒の授業 [1分間の授業]

 1校時は、補教。
 4年生のある学級へ。
 ビデオを見る。
 それが終わると、授業をする。
 ・応援
 元氣いっぱいのクラスだが…
 一人ひとり声を出させると…出さない子がいる。
 全員が「元氣」ではないのだ。
 集団としては、明るく、元氣、パワーがある。
 あいさつなど、すばらしい。
 しかし、一人ひとりになると…
 「全員が声を出しているわけではない」
 ことがわかる。
 集団と個について、考えさせられた。
 ・「超高速県名読み」
 を導入する。
 都道府県については、かなり学習をしているとのこと。
「北海道地方」(教師)
「北海道」(子ども)

「東北地方」(教師)
「青森、秋田、岩手、宮城、山形~」(子ども)
 超高速でいわせる。

 関東地方まで練習。
 あとは、班ごとに練習。

 北海道地方~九州地方まで、いわせる。
 北海道から始まる。
 ゴールは、「おきなわー」である。
 何秒でいうことができるか。

 子どもたちは、ノリノリでやった。
 やる氣がすごい。
 声も出ている。
 集中している。
 かなりのスピードである。

 いよいよ、大会(笑)
 予選 30秒切ったら予選通過
 準決勝 20秒切ったら通過
 決勝

 トップの子は、15秒。
 2位は、16秒。
 ※2位はたくさんいた。
 すばらしいスピードである。

 「1分間の授業」ならぬ「秒の授業」である。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

1分間の授業 応援練習 [1分間の授業]

 混合計算は、+・-・×・÷まぜこぜの計算である。
 単独ではできても、まざるとできなくなる。
 実力がない子は、とくにできない。
 瞬時に頭を切り換える必要があるからだろう。
 ずっとたし算が続くなら、考える必要がない。
 +を意識しなくてもいい。
 しかし、まぜこぜになると違う。
 次は何算か、意識する必要があるのである。

 瞬時に頭を切り換える…
 力の弱い子は、これができない。
 反応力が弱い。
 何をやっても同様である。
 鈍いということである。
 
 混合計算は、反応力を高めるいい方法である。

 反応力を高めるためにはどうしたらいいか。

 力の弱い子は、計算しているとき、その問題を見ている。
 力のある子は、次の問題を見ている。
 この違いは、決定的である。
 ・同じところを見る
 ・1つ先を見る

 1つ先を見るということは…

 先を読むことにつながる。
 先を読むから、反応が速くなるのである。
 読まない子は、終わってから次を考える。
 だから、ロスが大きい。

 1つ先を見るということは…
 目と手が違う動きをする。
 ・手はその場
 ・目は先

 バイクのコーナーリングのようなものかもしれない。
 きついコーナーでは、出口を見る。
 目の前を見ると、突っ込んでしまう。

 1本橋。
 ちょっと前を見ると、バランスが崩れる。
 かなり先を見ると安定する。

 同じようなことが、混合計算にもいえる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
1分間の授業 ブログトップ

自分流の教育創りを進めていきましょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。