So-net無料ブログ作成
検索選択

命のバトン [役割]

  命のバトン
 
  恩師がなくなった…
  小学校4年、5年の時、受け持っていただいた先生。
  私は、先生にあこがれて教師を目指した。
  教師になったとき、先生はとても喜んでくださった。
  私の活躍を、喜んでくださった。
  いつも、応援してくださった。
  男として、カッコイイ方だった。
  最後は…
 「こんな姿を見せたくない」
  だれにも会わない方だった…
  最後まで、男の美学を貫いた方だった…
 
  先生に会わなければ…
  教師にならなかった。
  教師にあこがれたのではない。
  先生にあこがれたのだ。
  すばらしい方だった。
 
  今日、先生の声を聴いた。
 「次は、てっちゃんの番だよ」
 
  そうだ。
  命のバトンを、私が受け継ぐのだ。
  先生の仕事を、私が受け継ぐのだ。
  涙が、とめどもなくあふれた…
 
  先生、お疲れ 様でした。
  これからは、私たちががんばります。
  空から、応援してください。
 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

若手を育てる [役割]

 
  若手を育てる

  若い先生が研究授業。
  後半は、授業を見に行く。
  その間、自習。
 
  ★授業解説
  見ながら、講師の先生に授業を解説。
  ※子どもたちが、作業しているとき。
  ※教師志望の20歳。
  ・資料を見せる前に考えさせるか、見せてから考えさせるか。
  ・子どもの位置、そのまま、前に集める。
  ・発言の合間に教師が口を挟む、挟まない。
  ・どんどん発言させる、書かせてから発言させる。
  ・子どもが集中するとき、しないとき。
  ・いい子の行動を波及させる。
   手の挙げ方、返事の仕方が抜群にいい子がいた。
 
  若手の授業を見ると…
  もっとかかわらなければ…と思う。
  基本を伝えなければ…
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

自分流の教育創りを進めていきましょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。