So-net無料ブログ作成
検索選択
教育を考える ブログトップ

不易流行 2 [教育を考える]

  
  不易流行 2

 最近、いろいろなことを考える。

 ●人を育てる
 学級の子どもはいい。
 毎日接する。
 一応、師弟関係。

 若手教師を育てるのは、難しい。
 いろいろな人に学んでいる。
 それは、すばらしいことだ。
 私は、その一部である。
 大勢の中の一人。
 だから、入れ込まないようにしている。
 裏切られたときの感じは、もう味わいたくない。
 ※その人が裏切ったわけではない。
  私が感じただけ。

 その人が伸びないと…
「こうすれば伸びるのに…なぜ、そうしないのだろう」
 と思ってしまう自分がいる。

 困ったときだけ、相談する人がいる。
 それはそれでいいのだが…
 私の場合は、うまくいかない。
 その場だけのアドバイスではないからだ。
 過去・現在・未来、時空論が入っている。
 だから、その場だけのことを聴いても意味がない。
 続けなければ、効果は出ないのである。
 その人の近未来を見て、アドバイスをする。
 次の一手だけ。
 しかし…相手はそう受け取らない。
「もっと教えてほしい」
 という。
 次の一手ができないのに、先を教えてもしかたがない。
 一つの目は先を見るが…
 もう一つの目は現実を見なければならない。
「教えてほしい」
 という人に限って、実践しない。
 実践しないなら、私がアドバイスする意味はない。

 自分で考えない人がいる。
「教えてください」
 私の場合は…
 ほとんど師匠に電話しない。
 多くて、1年に一度くらい(笑)
 とことん考え、実践する。
 どうしてもダメな場合だけ、聴くようにしている。
 ・問題意識を持つ。→強烈に持つ。
 ・とことん実践する。→工夫、努力
 
 聴くことは、かんたんだ。
 しかし…安易である。
 とことん悩み実践し、どうしょうもなくなって聴くと…
 師匠の話が、入ってくる。
 ありがたみがあるのである。

 人に聴く前に…
 とことん、追究しているか?

 このへんも、不易流行。
 便利になっても、最終的なことは変わらない。
 ・自分で考える。
 ・努力する。

 血と汗と涙を流さなければ、本物はつかめない。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

不易流行 [教育を考える]

 
  不易流行

 9月も飲み会が多い。
 すでに、13回(笑)

 なじみの店はたくさんあるが…
 とくに3店は、いつもお客さんであふれている。
 曜日、時間帯は関係ない。
 ・おいしい
 ・安い
 ・接客がよい
 3条件を満たしている。
 けっして、新しいことをしているわけではない。
 新メニューの開発。
 値引き。
 多くの店は、生き残りをかけて必死にやっている。
 しかし…この3店は、自然なのだ。
 力みがない。

 あるお店につれていってもらった。
 火曜日だというのに、満員。
 3時間ほどいたのだが…ずっと満員。
 値段は高めだが、抜群においしい。
 ビール料理も。

 繁盛し続ける店には、共通の何かがある。
 お客の根本的な要求をつかんでいる。
 お客さんに迎合しない。
 至ってシンプル
 おいしい。
 安い。
 親しみやすい。
 などなど。

 本質的なところで、努力しているのだ。
 それも、さらっと。
 ナチュラルなのだ。

 教育も、同じなのではないか。
 いたずらに流行を追うおろかさよ。
 本質を追究すべきではないか。
 「子どもを伸ばす」
 それだけでいいのではないか。

 ゆとり教育、総合的な学習英語
 目先を変えても、本質は変わらない。
 力のいれどころが、違っている。

 教育は、シンプル。
 学級づくりも、シンプル。
 奇をてらう必要なし。
 王道を進みたいものである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

驚くべき事実 [教育を考える]

  
 写せない

  夏休み
  毎日、補習がある。
  担当でなくても出勤。
  子どもを指導する。

  今日は、大きな発見があった。
  詩を視写する問題あり。
  ここで、大きな発見をする。
  写すのが、えらく遅いのだ。
  遅いのではない。
  のろすぎる。
 
  ただ写すだけの簡単な作業なのだが…
  おそろしく、時間がかかる。
  驚いた。
  なぜ、時間がかかるのか?
  2行目は、1行目と同じ文章。
  それなのに、写せない。
  1行書くまでに、5分が経過していた(笑)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

教育とは [教育を考える]

 
  教育とは

  週末は、パワーダウンするのがA小の特徴。
  今の子の特徴かもしれない。
  以前は、金曜日が一番よかった。
  今は、違う。
  月、火は、休みの影響を受けている。
  水、よくなる。
  木、少し疲れてくる。
  金、疲れている。
  いい日が少ない(笑)
 
  エネルギーがない。
  いや、なくなったのではない。
  出していないのだ。
  出すすべを知らないのだ。
  自分にエネルギーがあることも、知らないのだ。
 
  教育とは、エネルギーを引き出すこと。
  教育とは、エネルギーがあることを自覚させること。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

伝統を創る [教育を考える]


  伝統を創る!

  子どもたちに言う。
 「君たちが、A小の伝統を創るんだ!」
  6年生のすごさ、すばらしさを見せよう。
  何より、下級生に刺激になるはずだ。
  歌えば、すべてがわかる。
  「6年生がよければ、その学校はよくなる」
  のである。
  まずは、音楽会で見せることだ。
  口ではなく、行動で示したい。
  伝統→文化へ。
  「伝統を創る」
  価値ある仕事である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学校

やはり、関係 [教育を考える]


  やはり、関係

  校門でのあいさつ。
  ついにブレイク
  多くの子が声を出す。
  毎朝恒例の行事になっている。
 「あいさつがよくない」
  と看護当番の先生はいう(笑)
  校門でのあいさつは、すばらしい。
  その方が「おはようございます」という。
  子どもたちが、小声であいさつする。
  その子たちが、校門のところにくる。
 「おはようございます」
  ものすごい声であいさつする。
  その方に対しては、あいさつを促されて小声で。
  私には、自分から大きな声で。
  圧倒的な違いがある。
  やはり、「関係」なのだ。
  その方が門に立つのは、ひと月に1~2回程度。
  あまり声を出さない。
  私は、毎日門に立つ。
  思いっきり声を出す。
 
  この違いが、もろに出ている。
 
  自分が努力しない人は、子どものせいにする。
  大きな変化に氣づかない。
  努力する人は、子どものせいにしない。
  ちょっとした変化に氣づく。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

センスがなければ [教育を考える]


センスがなければ団扇で

歌が重たいので、指導を入れる。
  センスがあれば、すぐできる。
  今の学級は、センスがない。
  ・音程が悪い。
  ・その他いろいろ。
  センスには、先天的なものと後天的なものがある。
 「センスがありますね」
  といわれることがあるが…
  とんでもない。
  センスなどない。
  あるのは、うちわである。
  あるとすれば、「後天的センス」である。
  修行で身につけたものだ。
 
  センスがなければ、練習すればよい。
  努力すればよい。

  私は、センスがない。
  自分が一番よくわかっている。

  あるとすれば、後天的センスである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

エンカウンター [教育を考える]

 
校内研  グループエンカウンター

 校長先生がエンカウンターの授業。
 ※グループエンカウンター
 はじめて会った人同士というのが前提。
 5年3組の子どもたちと教職員。
 いっしょにおこなう。

 アイスブレーキングということだろう。
 1 自己紹介
 2 他己紹介
 3 ほめほめ大会
 4 人間知恵の輪
 5 さいころゲーム

 楽しかった。
 「ほめほめ大会」はいい。
 その人のいいところを、一つずついうのである。
 ・いつも校門であいさつしてくれる。
 ・厳しくてやさしい
 ・ユーモアがあっておもしろい
 ・親切
 ・いつもみんなを笑わせてくれる
 ・超ハンサム(ウソ)
 ・かっこいいウソ)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

休み明け [教育を考える]

 
休み明け

休み明けの月曜日。
 以前に比べると、大変な日になった。
 土曜が授業の時、「大変」だと感じたことはなかった。
 子どもたちは、久しぶりの休みを満喫、リフレッシュして出てきた。

 教師も同様である。
 土曜日は、半ドン。
 午後は、フリー。
 スポーツをする、買い物に行く、サークルに行く、教材研究をする。
 貴重な時間だった。
 今は、休みが多すぎ。
 ありがたみがない。
 日本人は、働く人種。
 欧米のように休みが多いのは、あわない。
 休みすぎると、切り替えができない。

 私の学級でも、影響が出ている。
 今は、特定の子のみ。

 いろいろと聞いてみると…
 かなり悲惨である。
 
 火曜日になっても、影響が残っているという。

 休みが多すぎる。
 それでいて、夏休みを1週間削っている…
 考えて、事を運んでほしい。

 改革は、どんどん教育界を悪くしている。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

無意識のうちに [教育を考える]

 
無意識のうちに

 帰りの電車
 私の隣には、親子が座っていた。
 男の子は、何かのカードを見ている。
 母親が、やたらと話しかけている。
 勉強のこと、友だちのこと、カードのこと。
 私が聴いていても、うるさい。
「だまってろ」(笑)
 といいたいくらい、うるさい。
 最初は、受け答えしていた男の子も、途中で無視するようになった。
 無視された母親のトークは、さらにヒートアップ。
 10分間、きつかった。

 おそらく、母親は無意識に話しているだろう。
 自覚はないと思う。
 今の状況をビデオにとって、見せたかった。
 なんというだろうか?

 うるさい、しつこい、効果なし。
 子どもは、耳をふさいでいる。
 
 自覚なし。
 ビデオで見れば、「あれは私じゃない」というだろう。
 すべて、子どものせいにしている。
 自分を省みていない…
 厳しいなあ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
教育を考える ブログトップ

自分流の教育創りを進めていきましょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。