So-net無料ブログ作成
プロの目 ブログトップ

見方・考え方は言葉にあらわれる [プロの目]

  
 見方・考え方は言葉にあらわれる

 柔道、オリンピックの金メダリスト山下氏の話を聴いたことがあります。
 印象に残ったのは、食べ物の話です。
 氏は好き嫌いがないそうです。
「おいしいか、すごくおいしいかのどちらかですね」
 この言葉が印象に残りました。
 
 ふつうだったら「おいしいか、おいしくないか」というところです。
 さすがですね。
 いうことが違います。
 見方が違います。

 以前、通知表について話し合ったことを思い出しました。
 もう10年以上も前のことです。
 3段階評価でした。
 「よい」「ふつう」「がんばろう」
 となっていました。
 私は、この言葉をかえようと提案しました。

 「すごくよくできた」「よくできた」「できた」

 しかし…認められませんでした。
 まだ20代だった私はかみつきました。
「できないというのは、教えている我々の責任じゃないですか」
「『がんばろう』をつけるのは、教師の教え方がよくないということじゃないですか」

 評価の項目、言葉は変わりませんでした。
「言葉じゃないのよ。中身が大切なのよ」
とベテランの先生にいわれました。
 納得できませんでした。
 中身は言葉にあらわれると思っていたからです。

 その人の見方・考え方、大きくいえば思想は、言葉にあらわれると思います。
 
 「おいしいか おいしくない」
 と
 「おいしいか すごくおいしい」

は決定的に違うと思います。

 見方・考え方、大きくいえば思想は、言葉にあらわれます。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

2つの見方 [プロの目]


 2つの見方

 拡大の目…わずかな点を、虫眼鏡で拡大してほめる。
 逆転の目…ほめられない状況でもほめる。

 拡大の目

 ほんのちょっとしたことの中に価値を見つけ、それを虫眼鏡で拡大します。
 子どもが氣づかないことをほめるのです。
 
 「どこやるんだっけ」といった子を、ほめる。
 →「やる氣がある」
 「今日は、○ページやる」とわかっている子を大いにほめる。
 →「やるところがはっきりわかっている」
 今日やることはこれだ と黒板に書いてあることを見た子をほめる。
 →「どこをやるのか、確かめている」
ほめられた子を見てすぐに反応した子をほめる。
 →「すぐに反応する、反射神経がすごい」
 口を結んでいる子をほめる。
 →「やる氣を感じる。口を閉じる大切さがわかっている」
 真剣に聴いている子をほめる。
 →「君は一生の財産を手に入れたね」


 感覚を磨いていないと見えません。
 
 逆転の目

 絶対的に不利な状況を、有利にしてしまう大逆転の技。
 表と裏は同原です。
 ピンチはチャンスでもあるのです。
 
 返事が小さい子をほめる。
 →「恥ずかしがらずに声を出したね」
 「算数、いやだなー」といった子をほめる。
 →「いやなのにやろうとしている。すばらしい」
 しゃべっている子をほめる。
 →「みんなの集中力を試している!」
 騒いでいる子をほめる。
 →「君はエネルギーがすごい!」
 教師に反抗する子をほめる。
 →「自分の意志をはっきり表現している」
 「わかんないよー」といった子をほめる。
 →「わからないことをわからないといえる。
   なかなかできることじゃない」
 「できないよー」といった子をほめる。
 →「きちんといったのがいい」
 問題を書かない子をほめる。
 →「先生を頼りにしてくれているね」
 答えを書かない子をほめる。
 →「不正確なことは書かない、きちんとやろうとしているね」
 補助計算を書かない子をほめる。
 →「書かなくてもできるのがすごい」
 字が汚い子をほめる。
 →「これからうまくなるぞ。君には素質がある」
 字が雑な子をほめる。
 →「頭の中はていねいだ」
 たどたどしい読みをしている子をほめる。
 →「これからうまくなるぞ」
 ゆっくり(たらたら)読んだ子をほめる。
 →「じっくりていねいに読んだね」
 声が小さい子をほめる。
 →「声を出そうと努力しているね」
 口を開けていない子をほめる。
 →「もう少し口を開けたら、うますぎちゃう」
 無表情な子をほめる。
 →「よくそれだけ声だけで表現できるね」
 教科書を見っぱなしの子をほめる。
 →「正確に読もうとしているね」
 途中でイヤになってしまった子をほめる。
 →「よくここまでがんばったね」
 書けない子をほめる。
 →「考えすぎるくらい考えて書けなくなったんだね」
 発言しない子をほめる。
  →「発言しようかするのよそうか、心の中で戦っている」
 1回も発言しない子をほめる。
 →「よく聴いていたね」
 友だちの発言をしゃべって聴いている子をほめる。
  →「同時に2つのことができる。聖徳太子並だ」

 調子がいいときは、なんでもいいのです。
 問題は不利な状況のときです。 

 不利な状況をどう打開するか…
 打開できるのがプロなのです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

プロの目 [プロの目]

 
 プロの目
  
 素人には見えないものが見える。 
 素人にはできないことができる。
 不利な状況を打開できる。

 これがプロです。
 
 プロの見方・考え方

 何のために見るのでしょうか。
 立ち止まって、考えてください。

 私の場合は、ほめるために見ます。
 ほめて子どもを伸ばすために見るのです。

 プロはほめるために見る。

 よくないところは、見ようとしなくても目に入ってくきます。
 いいところは、見ようとしなければ見えません。
 存在しているのですが、目に入らないのです。
 指摘されて、「あっ、そうか」と氣づきます。
 しかし、それでは遅いのです。
 リアルタイムでなければ、効果がありません。
 いいところを見つけ、タイミングを逃さずほめるのがプロです。

 その一言が、子どもを伸ばし
 一言の積み重ねが、奇跡を生む

と思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
プロの目 ブログトップ

自分流の教育創りを進めていきましょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。