So-net無料ブログ作成
検索選択
自分流 ブログトップ

加速学習 [自分流]

 
 加速学習
  
 学習能力を育てることが大切
 最初は時間がかかるが、基礎ができると加速する。
 普通列車から新幹線に乗り換える という感じである。
 たとえば、配当時間10時間の単元が2時間くらいで終わってしまう。
 教科書は、2学期末には終わっている。
 授業の密度が濃くなり、無駄な時間がほとんどなくなる。
 
 次の点を意識する
 ◆三層


読・書・算

 やる氣

 生命力
 


 ふつうの場合、教科学習にとらわれる。
 「ここまで終わらないと、テストができない」
 「この単元が終わらない」
 などなど。
 単元を終わらせることに意識が向きがちである。
 
 そのこの中に眠っている生命力を覚醒させること。
 やる氣を出させることが根本にあるべきだと思う。
 
 この力が覚醒されると、驚くべきことがおこる。
 たとえば、Mさん。
 現在、『たんぽぽ』に関する作文を73枚書いている。
 わずか5日間で。
 常識では、考えられない数である。
 休み時間も、家でも書いている。
 何かにとりつかれたように書いている。
 「おもしろくてしかたがない」そうである。
 
 加速学習のポイント
 ・毎日の地道な学習
  おもしろおかしく
  上達が目に見えるように
 ・ここそというとき 全力発揮の場 をつくる。
  
◆三つのステージ
     1         2           3
   入れる     確かに     高度に
   感覚づくり     認識づくり  勘づくり
   覚える     使える     使いこなせる
 ・漢字の書き順
 ・2年生の漢字
 ・九九 6の段
 ・『長さ』


   ・筆写
 ・辞書引き
 ・漢字探し
 ・文章題
 ・話し合い
 ・作文
 ・歌  ・フラッシュカード
 ・10マス計算
 ・音読



 
※7月現在の状況
 
 大切なのは、使えるようになるまで指導することである。
 ふつうは、「入れる」だけで終わっている。
 それも中途半端で…
 中途半端、やらないのと大差なし 
 イメージとしては、一輪車、もっと簡単なところでは自転車
 学習では、九九。
 使えるようにならなければ意味はない。
 感覚→認知→勘
 無意識に出きるところまで指導すると…
 あるとき、飛躍する
 信じられないことがおこる。
 
 ◆ポイント2
 ていねいに、じっくりやっていく。
 縦に伸ばすことに意識がいってしまう。
 ある程度伸びたら、厚みをつける。
 倒れないように、幹を太くすることが必要である。
 
 ◆学習能力を育てる 事例
 
 「漢字探し」
 同じことをやっているにもかかわらず…
 子どもたちは、熱中して取り組んでいる。
 毎日5分間、漢字を見つけ書くという学習を続けている。
 最初は、2個しか書けなかった子も40書くようになった。
 積み重ねの成果である。
 書く子は、100以上いっている。
 トップは、180個。
 驚異的な数である。
 
 ある程度やった段階で、コツを教える。
 
 書き方、見つけ方、記憶を引き出す方法を教える。
 
 グループごとに覚える
 (例)数…一~十
    木のつく字…木、林、森、松、杉、桜、梅 
    木偏、それ以外(休、体など)
    さんずいのつく字…海、池、沼、湖
    水シリーズ、水、氷、川など
    一週間…月、火、水、木、金、土、日
    似ている字 
    反対…天と地、男と女
    大、中、小など
    力、刀、刃など、関連する字
 
 覚え方を教える→学習方法を教える。
 それを使わせる。→学習能力を育てる。
 
 
 三層を意識する。
 根本になる力にスポットを当てる。
 そこからスタートする。
 →学習能力を育てることを意識する。
 
 あなたの学級にも奇跡がおこるかもしれない。



 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

波及学習 [自分流]


  波及学習

 波及学習のアウトライン
 よく「これは道徳でやるべきことだ」「国語でそんなことはすべきでない」という人がいる。各活動をバラバラに考えているのだ。
 国語は国語、算数は算数と分けて考えると力が分散する。各活動の中に共通性(共通する意識・認識、要素・力)を見出し、関連づけて考えるようにしたい。
 何かを学んだら、すぐ活かすように指導する。たとえば、算数で「計算したら確かめる」ことを学んだとしよう。漢字を書いたときに、「確かめる」ことを意識し、正しい字か、筆順は正しいかチェックする。理科で実験したとき、もう一度確かめる。雑巾で机を拭いたとき、汚れが残っていないかどうか手でさわって確かめる。
 このように、学んだことを他の活動に活かす。 
 また、学んだことはすぐ行動に移すように指導する。 たとえば、「ゴミを拾う」ことを学んだら、その日からゴミを拾うようにさせる。学校でできるようになったら、「家でもやってみよう」と活動の範囲を広げる。
 「学んだことを活かす」を意識し行動するようになると、子どもたちの力は飛躍的に向上する。 

「できた」ところがスタート
 子どもたちがあることを学ぶ。ある程度までいくと「できた」と思ってしまう。かなり低いレベルで「これでよし」と思ってしまう。
 多くの場合、「できた」は、本当にできたのではなく「できたつもり」になっている。だから、ちょっとやらないと忘れたり、元に戻ったりしてしまう。 波及学習は、「できた」「これでよし」と思ったところからスタートする。 たとえば、100マス計算で2分切れるようになったら、次のことを意識させる。
    正確にできたか
    ていねいにできたか
    迅速にできたか(スピード)
    工夫したか、コツを発見したか
 次はどれを意識し練習するかを決める。→意識して練習する。
 100マス計算に取り組む過程で、計算力はもちろんのこと、上にあげた正確さ、ていねいさ、素早さ、工夫する力に加え、集中力が身につく。また、練習方法も知ることができる。
 これらの力を意識して、波及させる。
 100マス計算のたし算ができるようになったら、次はかけ算に取り組む。上のことを意識して練習すると、3分の1位の時間で同じレベルに到達できる。

 各活動をリンクさせる(つなげる、・結びつける)
 1つの活動で得た力を、他の活動で使わせる。
 子どもたちは、計算練習と漢字練習とは別個のものだと思っている。だから、多くの場合、学んだことを他の活動に活かそうとしない(無意識のうちに活かしている子はいるが)。もったいない話である。
 「学んだことを(他の活動にも)活かす」ことを意識させる。
 漢字の学習に活かすとすると、たとえば次のようなことをやってみる。
  正確さ   よく見る。筆順、構成
ていねいさ 止め・はね・払いなどに氣をつけて書く
  練習方法  すぐに覚えられる文字、なかなか覚えられない字に分けて        練習する
 
波及     

意識操作
・各活動を関連づけて考える
   ・共通する意識
   ・共通する力(たとえば、集中力、聞く力、話す力、表現力、調べる    力、予想する力、見る力、考える力、実行力など)
   ・共通する認識(上達のプロセス、見通し、自分の役割)
   ・共通する方法(練習方法)
 ・学んだことを活かそうとする

 広げる
 ・バリエーション…いろいろな角度からアプローチする
 ・レパートリー…学んだことを他の活動に活かし、得意手をふやしていく
         新しいことに挑戦する、苦手なことに挑戦する
 ・見方・考え方…多面的な見方ができる(複眼思考)
 ・場…教室→専科の教室(体育館、保健室)→廊下
    学級→学年→学校
    学級→家庭→地域→いろいろなところで→どこでも
 ・人…自分→親しい友人・班の人→学級全体
 ・空氣…空氣をもらう→空氣をつくる

 人間としての幅を広げる

 高める
・レベルアップ…質・量・密度・強さ・しなやかさ・スタミナ、自覚、プ ライドなど
    ・慣れる
    ・正確さ
    ・ていねいさ
    ・素早さ(スピード)
    ・効率のよさ(見通し、だんどり、準備など)
    ・タイミング
    ・工夫
   ・集中
・持続
  ↓
パフォーマンスの向上

 深める
 ・自問自答、内省→自分の立場、役割を自覚→行動する
       もう一人の自分をつくる
 ・見方・考え方を深める(豊かになる、許容範囲が広がる)
    ・見る→観る・看る・洞察する(一歩突っ込んで観る、見えないも    のを観る)
  ・色眼鏡で見る→肯定的に見る、素直に見る
・氣働き・いわれて行動→自分が氣づいて行動
     ・自分がやる→人をサポートする
 ・認識・いわれたとおり行う→意味を考えて行う→プラスαの行動
    ・やってもらう→人のためにやる
    ・助けられる自分・助ける自分
    ・人のためにやる→やらせていただく→ただただやる
   ・ただやる→意味を考えてやる→想いをこめてやる

人間としてどう生きるか  
  (フィロソフィー)
  (人間としての器が大きくなる)

   *意識操作が土台となっている。
   *広げる・高める・深めるは、バラバラではない。リンクされている。

 波及の「形」  
 ・個  ・一点突破→他の活動
 ・集団 ・一人→数人→全体
     ・一つの班→他の班→全体
 先日行われたJリーグオールスターと同じで、個のレベルが高いと全体ではものすごくレベルがあがる。
 
 波及学習の成果
 波及学習が軌道にのってくると、予想以上に子どもは伸びる。
 教師から離れても、自分で自分を向上させることができる。
 自分の役割を自覚し行動できる。

 認識の授業
認識の授業は、前述した意識操作を学ぶための授業である。
(例) ・なにかをやるとき、意味を考えてできるようにする
    ・自分の課題を明確にして行動できるようにする
    ・各活動をリンクさせる
    ・学んだことを使わせる
    ・自分の行動を客観視させる
    ・プロセスがわかるようにする
    ・見通しを持たせる

自分の課題を明確にする
 自分の立場、役割を自覚する
     各人が各人の持ち場でベストを尽くす

 たとえば、「協力しなさい」といわれたとき、協力の意味がわかる。具体的に行動できる。
 掃除のとき、「きれいにする」意味がわかる。どのようにしたらきれいになるかがわかる。ぱっと取りかかることができる。ていねいに、手際よく、協力してできる。 
 このような意識を持たせることが目的である。
  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

自分流の教育を創る [自分流]

 自分流の教育を創る
 
すばらしい実践を目の当たりにする。
「ああいうクラスをつくりたい!」すぐまねをしようとする。
 人によって、性格、生い立ち、才能、生き方、目的などすべて違う。また、今までの積み重ねが決定的に違うのだから、同じようにやろうとしてもできるわけがない。
 すごい人と同じようにやろうとするのが間違いなのである(すばらしい実践は、あくまでもヒントにすぎない)。
 自分の特性を認識し、持ち味を活かした教育を創ろう。
初歩レベルをクリアしたら、自分しかできない教育について考えてみよう。 私は、その人しかできない教育があると思っている。
 最近は、実践の体系化を試みている。
 形は心を模倣する といわれる。
 「形」を作ることも大切だと思う。
 自分流の教育に、「しん」教育と名前をつけた。
 「しん」とは、身・心・芯・伸・真・深などである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
自分流 ブログトップ

自分流の教育創りを進めていきましょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。