So-net無料ブログ作成
検索選択

フラッシュカード 導入編 [計算]

 フラッシュカード導入編

 フラッシュカード  0~9を書いたカード
 まず「0」を見せる。
「一緒に、読んでみよう」
「0」
声がそろうまで、数回かかった。
「1」
「2」
「3」
 ここで、「8」を出す。
「4」
 反応様々。
 ・間違えなかった
 ・間違えちゃった
 ・…
「今『4』といった人、とてもいいです」
「1、2、3ときたから、次は『4』と予想したんですね」
「予想は、とっても大切なことです」
 たとえを2つあげる。
 ・「プップー(クラクションの音)となったら、誰かおならしてる(笑)」
 「そうじゃないね。車がくるなって思うでしょう」
 など。

 一通りやる。何度もやる。
 大きな声でそろうまで繰り返す。
 これは、大事なことである。
 わかる人にはわかるのだが…

 次は、+1である。
「+1になる数をいいましょう」
 たとえば「2」だったら「3」と答える。

 +2になると、声がバラバラ。
 急にそろわなくなった。
「いいんですよ、今はできなくても」
「+1は、簡単だったでしょう」
「練習すれば、+2も簡単になります」

 ◆2日目
フラッシュカード、数字を読んでいく。
 今日は、一瞬しか見せない。見せたらすぐかくすようにした。
 見ていない子は、答えられないようにしたのである。
 動体視力トレーニングにもなる(笑)
 同様に、+1、+2をおこなう
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

フラッシュカード 計算編 2 [計算]

  
  フラッシュカード 計算編

  九九でも使えます。
  たとえば、5の段 5×2 です。

  ◆方法1 式と答えを復唱させる

  教師 「ごにじゅう」
  子ども「ごにじゅう」

  ◆方法2 答えをいわせる
  教師 「ごに」
  子ども「じゅう」

  ※子どもたちは「2」のカードを見て「ごに」と心の中でいっています。
  心でいえない子が声を出してしまうのです。
  パッと反応できないのは、九九が十分身についていない証拠です。
  10マス計算をやらせてみてください。
  全員、10秒以内でできるでしょうか。

  ◆方法3
  教師 カードを見せるだけ「2」
  子ども「ごにじゅう」

  ◆方法4
   教師 カードを見せ答えをいう「じゅう」
  子ども「じゅう」

  ◆方法5
  教師 カードを見せるだけ「2」
  子ども「じゅう」

  リズムとテンポが大切です。

  次のカードを見せる前に、合いの手を入れるといいでしょう。
  教師 「2」を見せる。
  子ども「じゅう」
  教師 「はい」
  教師 次のカードを見せる。

  ※「はい」といいながら、次のカードを見せる感じですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

フラッシュカード 計算編 [計算]

 フラッシュカード

 たかがカード、されどカード。
 10枚のカードから。
 0~9までの数字を書く。
 奥が深い


 ◆フラッシュカードの使い方

  これは、簡単です。お金も準備もかかりません。
  しかし…奥は深いです。
  バリエーションも豊富です。
  使い方によっては、かなりのところまでいけるでしょう。
  ・0~9までの数字を、1枚ずつの紙に書きます。
  ・B5版、厚紙というのが定番です。
  ・主に、計算、漢字で使います。

  使い方 パッと見せ、さっと次にいきます。1秒以内
      テンポよくやるのがコツです。
      ゆっくりやると、よさが活かされません。
      基本的には、立たせてやるといいです。

  立つと、腹筋を使います。
  寄りかかって座っていると腹筋が使えません。
  声を出すというのは、思ったよりとっっっっっても重要です。
  1日のはじめ、授業のはじめに声を出す
  これは、かなり有効です。
  効果は、実践して実感してください。

  例 計算編
  数字を見せ、読ませます(1年生初期)
  「0」を見せます 「0」(子どもたち)
  次々に答えさせます。

  「+1」
  たとえば「2」を見せます。+1ですから、2+1=3
  「3」と答えさせます。

  最初は、次のようにします(一斉授業)。
  「2」を見せます。
  教師が「2と1で3」といいます。
  子どもたちに「2と1で3」と復唱させます。
  ※教師のまねをさせるのがポイントです。
  「5」を見せます。
  「5と1で6」(教師)
  「5と1で6」(子どもたち)
  このようにして、次々やっていきます。

  ある程度できるようになったら、次のようにします。
  「2と1で」(教師)
  「3」(子どもたち)
    ↓
   カードを見せるだけ(「2」)
   「3」(すぐに答える 子どもたち)

  このようにステップを踏んでいきます。

  全体だけだと、落ちる子が出てきます。
  そこで、ある程度慣れたらグループ、個人でやらせます。

  全体、グループ、個人
  これら3つをどう使い分けるか
  一級の課題だと思います。
  すべての授業において、意識すべきことかもしれません。

  話を元に戻します。
  グループとは、たとえば次です。
  ・列
  ・班
  ・男女別
  基本パターンはこれくらいでしょう。

  「廊下側の列、いきます」
  その列を立たせます。
  やらせます(カード1巡 つまり10回)
  ※他の列で、遊ぶ子が出てきます。
  「心の中でいおうね」と声をかけましょう。

  1問ずつやらせる方法もあります。
  これは、子どもたちが大変です。
  さっと立たなくてはいけませんから。
  実におもしろいです。
  
  つっかえたら負け
  というように、ゲーム化するのもいいでしょう。

  できるようになってきたら、班

  そして、個人です。
  1問ずつでもいいですし、3問くらいずつでもいいでしょう。
  「他の人は、心の中で答えましょう」

  「自分がやっていないときは、遊んでいていい」
  こういう認識が、子どもたちの中にあります。
  普通の場合。
  その認識を変えることが必要です。
  「全部やるんだ。声を出すか、出さないかなのだ」というように。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

自分流の教育創りを進めていきましょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。