So-net無料ブログ作成
検索選択
あいさつ ブログトップ

校門でのあいさつ 前期終業式 編 [あいさつ]

 
  校門でのあいさつ 前期終業式 編

  前期の最後ということで、氣合を入れておこなう。
  思いっきり声を出す。
  今日が最初
  今日で最後
  いつも、こう思ってい実践している。
 
  子どもたちも、氣合を入れてあいさつする。
  4月にくらべると、別人。
  よくここまで育った。
  声を出す。
  一度止まってあいさつ。
  ずいぶん、質が上がってきた。
  しかし、本番はこれから。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

校門でのあいさつ 台風編 [あいさつ]

 
 校門でのあいさつ  台風編

 着替えて「校門でのあいさつ」開始。
 早めに門を開ける。
 小降りになったり、土砂降りになったり。
 晴れたり、ものすごく風が強くなったり…
 30分間、展開がころころ変わる。
 強風に遭遇した子の傘は、ほとんど壊れていた。
 私の傘は、なんともない。
 さすが、「風速100メートルに耐える傘」である。
 世間の風にも使えるかもしれない(笑)

 保護者が送ってくる。
 歩きできた方の傘は…
 車でくる子も多かった。

 台風の中でも、あいさつは変わらない。
 いや、むしろ、よくなっている。
 不思議である。
 「雨ニモマケズ、風ニモマケズ」ならぬ、「台風ニモマケズ」。
 台風を吹っ飛ばすあいさつだった。
 
 ★協力者
 協力してくださったのは、副校長先生。
 カッパを着て、登校指導。
 協力してくださったのは、再任用の先生。
 カッパを着て、登校指導。
 いずれも、私より年上の方が手伝ってくださった。
 ありがとうございました。

 傘は大丈夫だったが、ずぶ濡れ。
 下着まで、びっしょり。
 水も滴りすぎるいい男になった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学校

「おはよう」の意味 [あいさつ]

  
 おはようの意味

 全校朝会。
 今日は、私が話す番である。
 生活指導で取り組み始めた「あいさつ」を題材にして話した。
 話というよりは、授業である。

「朝、おはようございます っていいますよね」
「『おはようございます』の意味について話したいと思います」

  お…おおーーーーきな声で
 
  は…はっきりと

  よ…「よーし」というやる氣を込めて

  う…生まれ変わって、昨日までと違う新しい自分に生まれ変わって

 順番にやっていく。
 「お」を意識して「おはようございます」
 「は」を意識して「おはようございます」
 「よ」を意識して「おはようございます」
 「う」を意識して「おはようございます」

 最後に、みんな意識して「おはようございます」

 最近、大きな声であいさつできるようになってきた。
 その声がさらにパワーアップ
 体育館中に響いた。

 1年生の子どもたちが、放課後
「『お』はね、おおーーーーきな声の『お』」
といって、あいさつしていた。
 おいおい、今は「こんにちは」だよ(笑)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

あいさつの基礎・基本 [あいさつ]

 
 あいさつの基礎・基本

 あいさつの基礎・基本とは何か?について話し合いました。
 
 出された意見
  ・目と目
  ・心、氣持ち→「形」にしたもの
  ・氣持ちよく
  ・思いやり
  ・心を通わせる
  ・コミュニケーション
  ・言葉をかけ合う
  ・正対する
  ・お互いの存在を認め合う

 いい意見がたくさん出されました。
 
 次は、どうして「目と目」なのか、そう考えた理由をいってもらいました。
 
 さあ、次が問題です。
 理想と現実をうめる架け橋が必要です。

 それを押さえるための指導のポイントは?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

名前を呼んであいさつ [あいさつ]

   
   名前を呼んであいさつ

    教室で待っています。
    教師から「おはようございます」といいます。
    入ってくる子、一人ひとりに声をかけます。
    「○○くん(○○さん)、おはようございます」
    名前を入れるといいと思います。
    その子に、自分のエネルギーを送ります。
    子どもの様子見ます(表情、しぐさ、態度など)
    毎日、続けます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

 あいさつは教師から [あいさつ]

   
   あいさつは教師から

   2学期が始まり、2週間がたちました。
   子どもたちの様子はいかがですか。
  
   私の学校の様子をお話ししましょう。
   生活指導の重点は、「あいさつ」
   学級全体でのあいさつは、すばらしくよくなったと思います。
   どの学級からも、元氣一杯の声が聴こえてきます。
   すごいパワーです。
  
   次の課題は、「一人ひとり」のパワーアップでしょう。
   「自分からあいさつしない」子も、中にはいます。
   状況、人間関係にもよりますけど。
  「1学期はできていたのに、できなくなっている」
  「あいさつしない子がいます」
  という話が出ます。
  
   あいさつをするのは当たり前。
   その通りだと思います。
   しかし、義務になってしまうのはどうでしょうか。
   「しなければいけない」となると、教師の目を氣にし始めます。
   教師に何かをいわれないためにするあいさつ。
   これって、おかしいですね。
  
   あいさつは、コミニュケーションの第一歩
   エネルギーの交流だと思います。
   コミュニケーションは、自分から。
   子どもが自分からするようになるまで、教師からあいさつすればいい
  と思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

心の交流 [あいさつ]

  
  心の交流
   
  「あの子、あいさつしないんですよ」
  という話をよく聴きます。
   教師からあいさつすれば、子どもはあいさつするものですけど…。
   中にはしない子もいるでしょう。
   あいさつしない子を怒ってしまうのは、ちょっと待ちましょう。
   あいさつしなかったのでしょうか。あいさつできなかったのでしょうか。
   なぜしないのかを考える必要があると思います。わざと無視しているのか、
  がつかないのか、面倒くさいのかなどなど。よく見る必要があるでしょう。そ
  をしないで、子どものせいにするのはいただけません。
   自分のことを振り返ってみましょう。
   あいさつされたのにあいさつできなかったことはありませんか。
   私はけっこうありますよ。あっと、思ったとき相手は通り過ぎて…あいさつ
しそこなってしまうことがあります。
   用意ができていないとき、反応が遅れるのです。
   相手の用意ができるように声をかけてみるといいと思います。
   
   まず、「○○君」と声をかけます。
   相手がこちらを向きます。
   目があったところで「おはようございます」という。
   そうすると、ほとんどの場合「おはようございます」とあいさつがかえって
くる。
  
   これは、私の経験です。
   
   ちょっと工夫するだけで、結果は大きく異なってきます。
   料理と同じで一工夫を。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

あいさつ スピード [あいさつ]

  あいさつ
  奥が深いです。
  あいさつをみれば、その学級の実力の80パーセントがわかります。

  教師がやってみせること
    ↓
  いっしょにやること

  スピードを体感します。
  私の学級は、すごく速いでしょう。

  遅い子を待っていると、すぐ腐ります。
  立ってすぐあいさつ
  おそらく、ここまで1秒くらいでしょう。
  3秒になると、集団が崩れます。
  だれる子が出てきます。

  素早くあいさつする「氣持ちよさ」を体感させてください。
  まずは、教師自身ですね。

  姿勢の指導は、今はまだはやいです。
  体感がメインです。

  できるようになってきたら、素早くいい姿勢になる
  これをやってみてください。

  教師の姿勢が、子どもイメージとなります。

  帰りのあいさつ、その他のあいさつ、みな速いです。
  もちろん、状況によってはゆっくりあいさつすることもありますが。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

あいさつ 3つのパターン [あいさつ]

 あいさつは、3パターンにわけられる。

 子どもたち「おはようございます」
 私、当番 「おはようございます」

 私、当番 「おはようございます」
 子どもたち「おはようございます」

 同時に  「おはようございます」


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
あいさつ ブログトップ

自分流の教育創りを進めていきましょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。