So-net無料ブログ作成
検索選択

考えて歌う [歌]


  歌の練習

  音楽会に向けて、歌の練習。
  まだ、子どもたちの歌をまともに聴いたことがない。
  状態を把握するために、歌わせる。
  2曲とも、よく知っている歌ではない。
  私が研究しなければ。
  わがクラスの担当
  『鳥になれ』…アルト
  『地球の歌』…ソプラノ
  
  『地球の歌』は、音域が広い。
  地声っぽくなるところがある。
  かなり高い部分がある。
  声を出すのが苦しい子もいるだろう。
  『鳥になれ』
  子どもたちの歌を聴いて、感じたことを話す。
  ・歌詞を考えて歌う
  ・「おそれずに」からのリズムを覚える
  ・響かせる
  一番の問題は、「歌詞を考えて歌う」。
  全然考えていない。
  
  聴いてみたが、きちんと答えられる子はいない。
  考えていないのである。
  国語の授業では、「一つの言葉」を考えさせている。
  それが、リンクしていない。
  たとえば、「きみ」とはだれか。
  「きみ」は、目の前にいるのか。
  ・目の前に向かって語っている。
  ・メール
  ・手紙
  ・電話
  ・想像
  どのような状況か、イメージすることが大切。
 
  『地球の歌』
  難しい。
  音域が広い。
  地声になりそうな低いところがある。
  ゆとりを持って出せない高いところがある。
  この歌は、ソプラノを担当。
  高音部がきれいに歌えれば、すばらしい歌になる。
  はたして?
 

歌 『ともだちはいいもんだ』 [歌]

学習発表会より

歌 『ともだちはいいもんだ』


歌『千の風になって』 [歌]

歌『千の風になって』
学習発表会での実践です。

『手紙』 [歌]

アンジェラ・アキさんの『手紙』
練習を始めてから、2週間。

自分流の教育創りを進めていきましょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。