So-net無料ブログ作成
検索選択
子どもの成長 ブログトップ
前の10件 | -

協力から強力へ [子どもの成長]

 
 協力から強力へ

 クラスの方は…
 ようやく全員が揃った。
 夏休みが明けてから全員揃うまでに、1ヶ月かかった。
 ありえないことである。
 猛暑の影響である。

 全員揃って、ようやく本当のスタート。

 この1ヶ月は、リハビリ→布石→新しい取り組み、チェンジの月。
 ようやく、軌道に乗ってきた感じである。

 ●協力から強力へ
 特筆すべきは、子どもたちのやる氣である。
 最近は、やる氣がすごい。
 ★長なわ
 まだ超へたくそで、話にならないレベル。
 しかし…
 苦手な子を巻き込んで、取り組んでいる。
 その子たちのために、回数が増えない。
 必ず、引っかかるからである。
 いいのは、その子たちを責めないことである。
「いっしょにやろう」
「練習しよう」
 責められないので、みんないっしょに練習している。
 「形」になるのは、そう遠くないかもしれない。

 授業における「教え合い」も、よくなってきた。
 空氣がまるい。
 いい感じである。
 以前は、
「なぜ、教えなければいけないの?」
 という子がいた。
「教えてあげる」
 という子がいた。
 今は違う。
 自然なのである。
 教える方が、えらそうでない。
 教わる方は、卑屈にならない。
 ようやく、ここまできたか。

 協力が強力に変わってきた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

鉛筆の音が奏でる旋律 [子どもの成長]

 
鉛筆の音が奏でる旋律

 ◆高速漢字テスト
  鉛筆の音が変わってきた。
  きれいで、リズミカルな音である。
  音楽を聴いているようだ。
  ようやく、この段階に入ってきた。
  歌と同様。
  子どもが育ってくると、音がきれいになる。
  音がリズミカルになる。
 
  ●「鉛筆が奏でる旋律」
  音が音楽に変わる。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

段階 [子どもの成長]

 
段階

全校朝会
  今週は、看護当番。
  今日は、司会である。
 
  遅刻者が多かった。
  門を閉めたのが、8:28。
  チャイムが鳴る。
  いつものように、ばらばら出てくる。
  私は、他の先生のように待たない。
  定刻になったら、はじめる。
  きちんとしている者がバカをみる…
  今の日本は、そうなっているように思える。
  そうではいけない。
  きちんと並んでいる子を、待たせてはいけないのだ。
  すぐはじめる。
 「整列している人、立派です」
 「これから、号令をかけます」
 「号令をかける前に、並んでみましょう」
  ★段階
  C 言われても、並ばない。
  B 言われたら、並ぶ。
  A 言われる前に、並ぶ。
  
  学級、学校によって、大きな差がある。
  6年生は、当然Aのはず。
  しかし…毎年、Cから始まる(笑)
  どうしてだろう。
 
  C→B
  なかなか、そうならない。
  かなり大変である。
  よく、「指示待ち人間は…」といわれる。
  まずは、指示通りに動けるか。
  できたら、大変なことである。
 
  B→A
  ものすごく大変である。
  認識が変わる。
  プライドを持つ。
  これができないと、まずできない。
 
  教師は、すぐに「子ども自ら~」というが…
  実践していない人の言うことである。
  実践している人なら、どれくらい大変なことかわかっている。
  安易に、「子ども自ら」という言葉は使えない。
 
  A小は、まだC→Bの段階。
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

個の力が集団を高める [子どもの成長]

  
  個の力が集団を高める

  ・一人ひとりのやる氣
  ・一人ひとりのエネルギー
  が、すごくなっている。
  やる氣とエネルギーが、集団の力を高める。
  個の力が集結し、集団の力を押し上げる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

瞬間ひたり [子どもの成長]


  瞬間ひたり

  全校朝会。
  あいさつ代表は、わがクラスのKさん。
  最近、すごく伸びている子である。
  度胸がない。
  まだ、場数を踏んでいない。
  「全校の前で一人」は、初めての経験である。
  しかし、私は自信があった。
  できる。
  はたして…
  ちょっと不安な表情を見せたが…
  「やる」と決めたようだ。
  朝会が始まると、表情が変わった。
 「校長先生と、あさのあいさつをします」
 「おはようございます」
  すばらしいあいさつだった。
  その場の空氣が変わる。
  澄んだ空気になる。
 「おはようございます」
  全校児童も、負けずに声を出す。
  Kさんの成長を確認した瞬間だった。
  よくここまで伸びた…
  担任しかわからない喜びにひたった瞬間だった。
  「瞬間ひたり」である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

子どもの育ち [子どもの成長]


   子どもの育ち

  音楽会に向けて
  音楽会の立ち位置を決める。
  板書する。
  ・やる氣と意識
  ・声・表現・表情
  がポイント
 
  6 ■■■■■   □…女子
  5□□□■■■   ■…男子
  4□□□■■■
  3□□□■■■
  2□□□■■■
  1□□□■■■
 
  自分の立ち位置はどこか。
  ・自分の実力を考えて、ここだと選ぶ。
  ・「ここに立ちたい」理想の自分の姿で選ぶ。
 
  重なる子は、少ないと思う。
  多くの子は、2つの立ち位置を記入するだろう。
  さて、希望を聴いたときどちらを選ぶか?
  子どもの「育ち」がわかる場面である。
 
  教師は…子どもの様子を見ながら、臨機応変に切り替える。
  私なりのビジョンはある。
  こうしたらいいという案はある。
  それを前面に打ち出すと、がっかりする子が出てくる。
  やる氣より力を優先したからである。
  ・やる氣か
  ・力量か
  難しいところである。
  
  私の場合、本氣でやる子にはチャンスを与える。
  場、機会を与える。
  今までも、そうしてきた。
  大化けする子は、たくさんいた。
  今回の「立ち位置決め」も、大化けするチャンスである。
 「本当にできるの?」
  君の実力では難しいということを正直にいう。
  けっこうきつい言葉である。
 「やります。やらせてください!」
  2人の女子が、そういった。
  その言葉よし。
  力量不足を、役不足に変えればよい。
  音楽会まで、あと2週間。
  これからどうなるか。
  まだわからない。
 
  意外な2人が、「この場所をやらせてください」
  センターを要求した。
  うれしかった。
  子どもの「育ち」がわかる瞬間であった。
  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

育ちがあらわれる英語の授業 [子どもの成長]

 
  育ちがあらわれる英語の授業
  英語の授業。
  ミシェル先生(日本人 英語名)の授業。
  私が、メイン。
  先生には、発音、英語ならではの言い回しなど教えていただく。
  今日は、ハローウィンの衣装で登場。
  ※魔女の衣装だった。
  私も、コスプレすればよかった。
 
  英語の授業は、「子どもの育ち」があらわれる。
  もろにあらわれる。
  育っているクラスは、声を出す。
  育っていないクラスは、声を出さない。
  育っているクラスは、積極的に表現する。
  育っていないクラスは、表現しようとしない。
 
  いくら方法がよくても、内容がよくても…
  子どもが育っていなければ、うまくいかない。
  他の授業より、顕著になる。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

子どもの育ち テスト編 [子どもの成長]


 子どもの育ち  テスト編

 テストをする。
 『比』と『体積』のテスト。
 多くの子が、100点。
 ・ミス減少
 ・高速化
 「育ち」があらわれている。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

圧倒的 [子どもの成長]

 
 圧倒的なスピード

 『比』の2回目。
 すでに終わってしまった班は、違う問題集をやる。
 または、昨日配ったドリルをやる。
 ※ほとんどの班が、終わっていた。

 能力がついてくると、学習の次元が変わる。
 一番は、スピードである。
 6~8時間の単元が、1時間で終わってしまう。
 圧倒的なスピードである。

 今の教育には、加速論がない。
 年間計画は、単元ごとに時間数が割り振られている。
 能力が上がり、「後半は加速する」ことが盛り込まれていない。
 同じことをするにしても…
 4月は、5時間かかったことが…10月には、2時間でできる。
 これが、「加速論」である。

 問題を解くのに、すごく時間がかかる子がいた。
 今は、すぐに持ってくる。
 別人である。

 上位の子は、さらに高速化している。

 「どーだい」のひとつ。
 「圧倒的なスピード」

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

2つの驚き [子どもの成長]

 
2つの驚き

 校門でのあいさつ
 氣合が入っている。
 声が小さい子が少ない。
 最近、ものすごくパワーアップしている。
 次元が変わったことを実感。

 初めて見た人は、驚く。
「こんなに声を出すのか」
 6月頃見た人も、驚く。
「こんなに声が出てきたのか」
 いずれにせよ、驚くことは間違いない。
 私が驚いているのだから。

 こうなると、氣持ちがいい。
 子どもたちに、エネルギーをもらうことができる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
前の10件 | - 子どもの成長 ブログトップ

自分流の教育創りを進めていきましょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。